屋根塗装・屋根リフォームの見積もりについて

屋根塗装・屋根リフォーム(修理)の見積もりを行う際、どのような業者に見積もり依頼をするべきか、事前に確認しておくべき注意点、また見積もりを実際に行う際に業者とのやり取りで注意をするべき確認点は何があるのか?を解説しています。相場にあった金額を把握するための見積もり事例もご紹介していますので、ご参考にしてみていただけると幸いです。

見積もりの前に確認するべきこと

見積もりイメージ写真基本的に外壁塗装の見積もりを依頼する時と同様の確認が必要になりますが、ここでは改めてその詳細をあげて、これから屋根塗装をお考えの方達へ注意喚起をしたいと思います。

まず最初に、ご自分のお宅の屋根の現状をしっかり把握しておいてください。
ただなんとなく、「建ててからけっこう時間が経ったので、そろそろリフォームしなきゃならない」的な気持ちで業者に見積もり依頼をするのは止めましょう。
なぜなら、住宅は住んでいる人の財産。そんな大切なものの現状もわからぬまま初めて会う業者に見積もりを任せるのは危険だと思いませんか。

最低限、今現在の自宅の屋根でどこか色が変わったり、カビやこけが生えていたり、剥がれたりしている箇所はないかのチェックはしておいてください。

もちろんほとんどの業者は、良心的な仕事をしてくれます。
施主様の大事な財産である「家」を、少しでも長持ちさせることに尽力する業者に出会えれば、安心して施工を任せることができるでしょう。
しかし残念ながら中には施主様の足元を見て、本来必要のない施工を提案してきたり、施主様の不安を煽るようなことを言う業者も存在しています。

そんな「悪徳業者」の被害に会わぬにはどうすればよいのか。自宅の屋根の現況を把握しておく以外に大切だと思われることを以下で箇条書きにしましたので、参考にしてください。

・施工を急がせる業者は要注意
外壁でも同様ですが、屋根の場合も「早急に修理をしないと大変なことになりますよ」などという言葉で、施主様の不安を煽るような業者は要注意です。
きちんとした業者ならば、施主様にゆっくりと考えてもらう時間をちゃんととってくれるはずです。
ましてや、施主側の不安を煽るようなことを言うなど言語道断です。
施主様に専門知識がないのをよいことに、一方的にいろいろなことを言って少しでも早く契約と取り付けようとするような業者には気をつけてください。

・「安い」ことばかりを強調する業者は要注意
屋根・外壁塗装には相場というものがあります。
大部分の業者は常に企業努力をして、少しでも施主様の負担を軽くしながらなおかつ高品質な施工を目指していますが、最低限のラインというものは存在しているので、これを著しく下回るような金額を提示してくる業者には注意が必要です。
それはこのような場合、工事に入ってから施主様が頼んでいなかった施工をしてその部分で別料金が請求されたり、安い材料を使われたり、手抜き工事をされたり、という問題を含んでいることが多いからです。
こんな事態を避けるためにも、屋根塗装の相場を事前に調べておきましょう。

・施工の内容説明が雑な業者は要注意
塗装工事という、普段あまり身近ではないことに対して施主側は「専門知識に乏しいから」と戸惑いがちになるものです。しかし、専門的で分かりにくいことを、誰にでもわかりやすく説明できてこそ本当のプロフェッショナルと言えます。
ですから、プロから見ればどんなに簡単で小さな疑問・質問にも快く答えてくれるのがよい業者といえるでしょう。
逆に、素人に細かな説明は必要ない、こちらが全てちゃんとやるから的な態度の業者は避けた方がよいと思います。
ここまで述べてきたようなことをしっかり頭に入れて、ぜひよい業者を見極めてください。

見積もりの際に注意すること

屋根塗装見積もりイメージ施工を頼みたい業者が決まったら次は見積もりの段階です。

まず気をつけたいのは、必ず複数の業者から見積もりを取るということ。
それぞれの業者には「相見積もりをしている」ことを伝えることも忘れないでください。
その上で、以下のような項目をチェックしながら、見積もりの比較をし、ご自分の希望・条件に最もあった業者を見つけましょう。

・屋根材にあった塗料が選ばれているか
どんな塗料を使うかによって、施工費用は大幅に変わってきます。
現在主流なのはコスパに優れたシリコン系の塗料ですが、施主側の希望や考え方によってはより先進的な塗料が選択されることもあるでしょう。
また、もともとの屋根材によって塗料の向き不向きもあります。
そして見積もり金額が他の業者と比べてあまりにも低く出されている場合には、耐久度の低い塗料が使用予定とされていることがあるので、それが自分の希望にあったものであるかどうかを確認しましょう。

・何度塗りになっているか
外壁・屋根塗装は、3度塗りが基本です。
下塗りは「シーラー」と呼ばれる専用の塗料を用い、その上に中塗り・上塗りをします。
見積書では何度塗りとされているか確認してください。
最近では業者によっては、4度塗りをしているところもあります。これは塗り重ねる回数を増やせばその分塗膜が強化され、耐久性がアップするからです。
塗る回数が増えればその分の塗料代と人件費も増えますので、費用は高くなります。
見積もりを見て、「他よりも高い」と思われた場合にはこの塗る回数が多くなっている可能性があるので、確認しましょう。
なお、遮熱・断熱塗料や光触媒塗料などの先進的塗料で施工をお考えの場合は、4度塗り、5度塗りになることもありますので、ご注意ください。
屋根に関しては、外壁よりも太陽光や風雨の影響を強く受けているので劣化が進みやすいですから、外壁よりも塗る回数を多くしてその分耐久性を高める見積もりが出されることもあります。

・屋根だけの施工でも足場は必要
一般的に外壁と屋根は同時に塗装を行うことが多いですが、屋根は外壁よりも劣化が早いため、屋根のみの工事になることがあります。
この場合、足場なしで直接屋根に上がって塗装工事を行うことも可能です。
しかし、現実問題として足場を組まずに施工すると、養生用の飛散防止シートがないので、施行中塗料が飛散して周囲の住宅を汚す危険性があります。
施工前に行う高圧洗浄も飛散シートがないと水や汚れが周囲に飛び散りますから、やはり多少費用はかかっても、足場は組んだ方が良いでしょう。
足場架設撤去にかかる費用は、だいたい10万円前後です。
もし屋根塗装だけをお考えの方は、見積もりでその部分も確認してください。

・︎保証はついているか
万が一施工後に不具合が生じた場合、すぐに対応してくれるかどうかも確認しておきましょう。
また、施工後の保証期間、アフターフォローがどれくらい充実しているかも大切な項目ですので、あらかじめ確認しておいてください。

見積もりの金額相場を予め知っておこう

屋根塗装工事の見積もり例を3件紹介いたします。
実際に行われた施工の見積書をもとに金額感や施工内容、施工期間について参考にしてみてくださいね。

○屋根塗装・リフォーム見積もり例1

見積もり費用 650,745円
施工場所 大阪府
広さ 34坪
対象物件 築21年(木造)
屋根の種類 瓦屋根
かかった日数 10日

■内訳

足場架設撤去工事費 230,000円
屋根高圧洗浄費 17,452円
屋根塗装費 162,890円
雨樋・破風塗装費 75,400円
福利費・養生費・管理費・諸経費 116,800円
602,542円
消費税 48,203円

■使用塗料
下塗り マイティー万能エポシーラー二液
ほとんどの素材に対応可能で環境に優しい下塗り塗料。発売元は大日本塗料。

上塗り シリコンルーベン
商品名「シリコンルーベンアルファ」。シリコン系塗料で、耐候性に優れています。
発売元は大日本塗料。

○屋根塗装・リフォーム見積もり例2

見積もり費用 494,799円
施工場所 埼玉県
広さ 27坪
対象物件 築23年(木造)
屋根の種類 スレート
かかった日数 11日

■内訳

足場架設費 143,500円
飛散防止養生費 20,500円
屋根高圧洗浄費 10,335円
塗装費 227,040円
諸経費 56,773円
458,148円
消費税 36,651円

■使用塗料
サーモアイシーラー(遮熱)
スレート葺き屋根に塗装するサーモアイシリーズ専用の下塗り塗料。発売元は日本ペイント。

サーモアイSi (遮熱)
シリコン系塗料。厳しい気候のもとでも優れた耐久性が期待できます。発売元は日本ペイント。

○屋根塗装・リフォーム見積もり例3

見積もり費用 556,036円
施工場所 千葉県
広さ 38坪
対象物件 築18年(鉄筋)
屋根の種類 スレート
かかった日数 13日

■内訳

足場架設費 105,780円
飛散防止養生費 15,112円
屋根高圧洗浄費 6,435円
屋根塗装費 167,310円
諸経費 92,885円
514,849円
消費税 41,187円

■使用塗料
ファイン浸透シーラー
匂いが少なく、浸透性・密着度に優れた下塗り塗料。発売元は日本ペイント。

ファイン4Fベスト
スレート葺き屋根の塗り替えとして最適な塗料。艶があり見栄えがします。環境にも配慮した製品です。日本ペイントが発売元。

築20年〜30年以上の日本家屋の屋根は多くが瓦屋根、もしくはスレートの屋根が多いようです。

屋根塗装にかかる費用は合計で40万円〜60万円前後が相場として多いようです。これから屋根塗装を検討されている方は参考にしてみてくださいね。

check私がおすすめする屋根塗装 費用の見積もりで失敗しない方法

屋根塗装料金の一括無料見積もりなら実際に掛かる費用が
50万円以上お得になるケースもあります。

一括見積もりを取ることでその地域に対応したそれぞれの業者に
相見積もりを取ることで、屋根塗装や修繕に掛かる費用を比較し
一番安い業者を探すことができます。

24時間受付中! もちろん費用は無料です。

→今すぐ無料で屋根塗装工事の費用を見積もりする方はこちら

1社のみに屋根塗装の見積もりを取った場合その金額が相場より安いのか、高いのかわかりにくいですが、複数業者から見積もりを取ること価格相場を知ることができます。

外壁塗装ネットでは、24時間無料の査定サービスも行っております。