屋根材の種類を知る

屋根材の種類は非常にたくさんあります。

屋根材の種類の違いを把握するポイント

屋根材にはいろいろありますが、中でも代表的なもの5種の特徴を解説、施工の経験者として独自の観点でそれぞれのおすすめ度を紹介します。おすすめ度を把握していただくための指標として当サイトではそれぞれの

価格

耐久性

強度

の3点をメインに評価を行っていますので、屋根材選びの際に参考になれば幸いです。

ガルバリウム素材について

ガルバリウム

正式名称は「ガルバリウム鋼板」。アルミニウム、亜鉛、シリコンから成る、アルミ亜鉛合金メッキ鋼板のことです。アメリカで1970年代初めに開発されました。メリットは軽く、錆びにくく、耐熱性が高く、加工しやすいこと。デメリットは強度に欠けること、防音性、断熱性において弱いことです。

価格 ★★★★☆
耐久性 ★★★★★
強度 ★★☆☆☆

スレート素材について

slate

一般的には「化粧スレート」のことを指します。(天然スレートは大変高価なためあまり使われません)セメントと合成繊維を混ぜて加工し、着色塗装して作ります。古くは石綿(アスベスト)を原材料とした石綿スレートが主流でしたが、アスベストの弊害が明らかになってからは製造中止となっています。メリットは軽量なこと、安価なこと、カラーバリエーションが豊富なこと。デメリットはメンテナンスに手間とコストがかかること。スレートは約10年ごとに塗装塗り替えが必要で、強度もやや劣ります。

価格 ★★★★★
耐久性 ★★☆☆☆
強度 ★★☆☆☆

セメント素材について

セメント瓦

正式名称は「セメント瓦」。
セメントと砂をミックスして練り上げ、加工した後成形して作ります。一昔前は瓦と言えば日本瓦しかありませんでしたが、現在では洋風瓦や北欧スタイルのものもあります。メリットは形やカラーバリエーションが豊富なこと。デメリットは強度が低いこと、定期的なメンテナンスが必要なこと(15~20年毎に再塗装が必要)です。

価格 ★★★★☆
耐久性 ★★★☆☆
強度 ★★★☆☆

瓦について

kawara

正式名称は「日本瓦」。昔から日本家屋に使われて来た最も一般的な屋根材です。粘土を使った焼きものの屋根材で、日本の風土に最も適していると言われてきました。メリットは耐久性に優れていること、断熱性、遮音性に優れていること。デメリットは、非常に重いため耐震性に不安があること、修理にかかるコストが高いこと。

価格 ★★☆☆☆
耐久性 ★★★★★
強度 ★★★★★

トタン素材について

トタン

トタン屋根は、亜鉛をメッキ加工した鋼板の屋根材のこと。鉄板だけですと、すぐに錆びてしまうので防錆のため亜鉛をメッキします。昔の家屋で金属系の屋根材といえばトタン屋根のことを指していました。メリットは軽量なので、耐震性に優れていること、安価であること。デメリットは、錆びやすいこと、断熱性、遮音性に劣ること。

価格 ★★★★★
耐久性 ★★☆☆☆
強度 ★★☆☆☆
外壁塗装ネットでは、24時間無料の査定サービスも行っております。