外壁塗装・悪徳業者の営業方法に注意

ここでは気を付けなければならない外壁塗装業者の見分け方をご紹介します。

目次

悪徳業者、訪問営業に注意!

訪問営業に注意持家であれば、経年の劣化による家屋のリフォームは避けては通れない問題です。新築後一定期間(外壁塗装の適正時期は新築後7年から10年と言われていま す)が過ぎると、リフォームをしませんか?外壁の劣化がひどいようですが、うちなら安く塗装できますよ・・・などといった営業の人がちらほら来ます。

もちろん優良な業者さんもたくさんいますが、一部では悪質な業者もいます。

素人には判断できない事が多いため、中には通常の金額よりかなり多くの金額を支払うことになってしまう人もいます。 このような被害にあわないためには、正しい知識を持って自分を守る事です。

特に、一度簡単にだませると判断されると、営業対象としてリスト化され、他の悪質業者からも目をつけられる可能性がありますので、十分注意しましょう。

今回は、このような一部の悪質な業者の手口にひっかからないために、注意するべき営業方法についてというテーマでお話ししていきたいと思います。最後に守ってくれるのは、正しい知識です。自分の身は自分で守れるようになりましょう。

手抜きにより人件費・材料費をうかせる場合もある

外壁塗装 手抜き工事外壁塗装に対して知識のない依頼者が、プロの業者から、それっぽい事を言われてしまうと信じ込んでしまい、だまされてしまうケースがあります。外壁塗装の場合は、何度塗装したか、どのような塗料を使ったのかなどで費用が大きく変わってきます。

素人目には判断は難しく、人件費や材料費をうかせてだまそうとする業者の回避法は、信頼ある業者に頼む以外にありません。

手抜き塗装などをされてしまうと、わかるのは、時間が経ってからなので、クーリングオフなども適用されず、泣き寝入りというケースもありえます。安心できる優良業者をしっかり見極めていきたいですね。

工事後のトラブル・クレームで多いのは?

外壁工事後のクレームこれはごくごく稀なケースですが、塗装状態をチェックすると言って、わざと壁にひびを入れたり、塗装をはがしたりする業者がいます。不安を煽り、塗装しないと更にひびが入るとか、家屋自体に致命的な損傷が加わるなど、あの手この手で、契約させようとします。

また、それっぽい専門用語にもまどわされないようにして、怪しいなと思ったらすべて聞き返してみるようにしましょう。

本当に質の良いサービスをおこなっている業者というのは、与えて与えられるという事で仕事が成り立っている事を知っていますので、良質なサービスを行う事にフォーカスしてその対価として代金をいただくという形をとっています。

意図的に家屋を損傷させて契約させる手口

外壁塗装 手抜き工事まず忘れてはいけないことは、どの業者を選んでもちゃんとした工事をすれば極端な料金差はないということです。 けっして「他社では考えられない低価格!」などというものはない、ということです。 

もしもそんなことがあるとすれば、それは工事の品質が低いか、あるいは使用する材料の質が低いか、などどこかに問題があるはずです。 それを念頭に、料金見積もりの際注意すべき点をあげてみましょう。

○大雑把な見積もりを出す業者はNGです。
細かな部分ひとつひとつに大してきちんとした見積もりを出してもらいましょう。
○見積もり当日に契約はしないこと。
高い買い物ですし、他社との比較検討をする時間と心の余裕が大切です。
○追加請求を避けるため、塗れる部分はすべて塗装する内容で見積もってもらいましょう。

○保証がちゃんとついているかを確認しましょう。

○クーリングオフ表示があるかどうか。

これらの点を事前に確認するように心がることで、料金見積もりを上手く進める事ができるでしょう。

外壁塗装ネットでは、24時間無料の査定サービスも行っております。