塗装工事後に多いトラブル

身に覚えのない追加請求、想定した色と仕上がりの色が違うなど、塗装工事後に多いトラブルについてご紹介しています。

追加請求されるケース

外壁塗装の追加請求これは、見積もりの段階で事前に確認しておく事で、予防出来ます。
実際の請求額を聞いておき、これ以上は発生しないと確認後、依頼するようにしてください。
専門知識がないからと言って、業者の言う通りにお金を払う前に、施行内容、契約内容を事前に良く確認をするようにしましょう。

想像していた色と仕上がりの色が違う

想像と色が違う塗装完了後に、色がイメージしていたものと違っている・・・という問題は、頻繁におきます。なぜこの問題が生じるのでしょうか?まず、見本の色というのが元の色ではあるのですが、太陽光が当たると明るく見えてしまい、1、2トーン明るめに見えます。

次に、依頼者が希望している色が、見積もりの段階で、明確に業者に伝わっていない点が挙げられます。

基本的に、業者とあなたのイメージが完璧に一致する事はありませんが、その代わり、予想よりも良かったというケースも稀に存在します。

より自分の希望する色に近づけたい場合は、見本の色よりも少し暗めの色に設定するか、仮に理想とするカラーの家が近くにあるのであれば、業者さんに一緒に見にいってもらい、色を提示してもらうのも良いでしょう。

他には、外壁と同じ素材のものを用意し、塗装してもらいどんな色になるかシミュレーションしてもらう方法です。

これらの方法を試せば、大幅に予想よりもずれるという事は少なくなります。 

手抜き塗装が目立つ

外壁塗装をおこなう場合、塗り直しが起きないよう、数回に分けて塗り直し、厚塗りして塗装がはげないようにするのですが、一部の悪徳業者の手口でよくあるのが、3度塗るところを1度しか塗らず、正規料金を請求されて、塗装も剥がれて来てというパターンです。

一回の塗装ごとに、依頼者が確認するか、写真や動画などで記録を残してもらい、確実に見積もり時通りに丁寧に重ね塗りしているのかどうかという確認を行なってください。そうする事で、トラブルを事前に防ぐ事ができます。

サビ取りなども同じ事が言えるのですが、サビを削ぎ落としてから、塗装しないとサビ取りは出来ません。上から塗装しただけではすぐにサビが出て来てしまうので、こうゆう場合も手抜きと考えられトラブルになります。

問題となるのは塗料と下地に関してがほとんどです。利益を出すために安い塗料をしようしていたり、しっかりと下地を作ってから、塗装をしなければ、塗装のはげ、ひび割れ、サビなどの問題につながりやすくなります。

外壁塗装ネットでは、24時間無料の査定サービスも行っております。