TOTOさんが提供しているハイドロテクトコートは他の光触媒と比較してコストはいかがでしょうか?

光触媒に関するQ&A

Q. TOTOさんが提供しているハイドロテクトコートは他の光触媒と比較してコストはいかがでしょうか?
質問者 40代 アパート経営 女性
ハイドロテクトコートについて質問している40代経営者の女性のイメージ画像

A.  現在、光触媒塗料を提供しているメーカーとしては、TOTOの「ハイドロテクとコートシリーズ」を筆頭に、日本特殊塗料の「エヌティオシリーズ」、ピアレックスの「ピュアコートANプラス」、ニュートラルの「NU-COAT AP OUT-1」、SICコーティングスの「アートファイン」などが知られています。

もし導入をお考えの場合は、事前に業者さんにお願いして、光触媒塗料を使ってから一定期間経過した建物を見せてもらうことをお勧めします。

そして光触媒塗料は、施工価格、施工単価の高さが気になります。もしも導入するならば、それぞれの性能と価格をしっかり比較して選びたいものですね。


TOTOのハイドロテクトコートシリーズは、グレードによって単価もかなり異なります。最も高いハイドロテクとカラーコートECO-EXで、1㎡あたり5000円、一方、ECO-HGは1㎡あたり2800円です。

他社製品と比較すると、例えばエヌティオPC-10では、3400円~、ピュアコートANプラスは、3600円~、となっており、ハイドロテクトコートECO-EXに関して言えば、コストは高めと言えます。

しかし光触媒塗料販売メーカーとしてはパイオニア的な存在ですので、安心感がありますね。

他の光触媒に関するQ&Aを見る 

Q.  費用が高めの光触媒塗料ですが、安くする方法はありますか?

Q.  光触媒のセルフクリーニング機能を長く保つコツはありますか?

Q.  光触媒塗料は屋根には使えないのでしょうか?

外壁塗装ネットでは、24時間無料の査定サービスも行っております。