雨漏り対策におすすめの外壁塗料は?おすすめ2選はこの塗料!

外壁塗装・リフォーム

メンテナンス おすすめ 塗料

もし急に天井や壁から雨漏りがしてきたどうしますか?自分で修理できるのが一番問題解決としては早いのですが、現実的にそれは大変難しい。

なぜなら、もしその雨漏りの場所を探り当てたとしても、最適な修理方法を施すのは素人にはまず無理だからです。

単純にどこかに穴が開いてそこから雨水が染み込んでいる、というような場合ばかりではありません。中にはもっと広い範囲で腐食が進み、それらをあわせたすべての部分を補修しなければ、結局雨漏りが止まらないことも考えられます。

そこでここでは、雨漏りを「予防」する塗料と補修の方法に関することについて見ていきましょう。

雨漏りしている天井の壁

外壁からなぜ雨漏りがするのか

まず最初に、なぜ屋根だけでなく外壁からも雨漏りがするのかということについてお話しします。

一般に雨漏りというと天井から、というイメージが強いですよね。屋根は一年中風雨や厳しい紫外線にさらされているので、劣化が外壁よりも早いからです。

しかし現実には外壁からも雨漏りすることがあります。
これには次のような原因が考えられます。

・外壁材が劣化した場合
建築時外壁にはもちろん防水処理がされています。しかしどんなに防水処理をしっかりしても、年月の経過とともに処理材は劣化していきます。

そのため、定期的にメンテナンスを行うわけですが、適切な時期に必要なメンテナンスを行わなかった場合、劣化が激しい部分から雨漏りしてしまいます。

・自然災害にあった場合 
台風などで、想定外に強い風雨が吹き付けることがあります。通常屋根、外壁は雨が上から降ると想定して防水処置がされているものです。

それが、その想定以上の雨と風に長い時間さらされると、外壁から雨漏りすることがあるのです。このような場合、屋根と外壁の境目から雨漏りしていることが多いようです。

・壁に傷がついた場合 
外壁材がサイディングの場合、ボード同士の隙間を埋めるシーリングが劣化してそこから雨水が染み込むことがあります。

このように壁自体に傷がついて雨漏りしている場合は、家全体の劣化が進んでいることが多いようです。

雨漏りを予防するにはどうすればよいか

現実に「絶対雨漏りしない家」を建てるのは大変難しいこと。雨漏りが発生する最大の要因は、建物の老朽化が進むことだからです。

ですからどんなに堅固に作ったつもりでも、時間経過とともに建物の耐久性は次第に失われていきます。

それでは雨漏りを予防するにはどうすれば良いのか。答えはズバリ、日頃からのチェックと的確なメンテナンスです。

屋根の場合のチェックポイント

屋根

軒裏にシミがないか

瓦屋根の場合なら瓦にヒビや欠けた部分はないか

雨樋にヒビやゴミ詰まりなどがないか

を確認します。

外壁の場合のチェックポイント

外壁

普段から汚れやすい窓や換気扇の,周り以外に目立った変色はないか

サイディングの場合はボード同士の溝にヒビが入っていないか

ベランダの裏側(特につけ元)にシミや汚れがないか

を確認しましょう。

これに加えて、家の中から次のようなチェックをしてみてください。

その他のチェックポイント 

家の天井

壁紙の裏側にカビが生えていないか。
壁紙の表側から見てややピンク色の薄いシミが見えているときは、雨漏りの疑いがあります。

天井にシミはないか
雨の日の後に決まってシミが出るときは雨漏りの可能性あり。

押入れなどがカビ臭くないか
押入れや天袋から強いカビ臭がするときは、雨漏りが発生している恐れがあります。

こうした「兆候」に常日頃から気をつけていると、早めに補修ができて、結果的に費用も安くすることができます。

防水効果の高い外壁塗料 おすすめ2選

さて、これまで見てきたように早めに雨漏りの兆候を見つけることで、効率的にその手当ができることがお分かりいただけたかと思います。

この後塗膜によって一定の防水効果が期待できる外壁塗料を2種類紹介いたしましょう。

ただし、外壁材自体の損傷が激しい場合は、塗料だけでは対応しきれない場合があることをご承知おきください。

また、こちらで紹介するのは防水効果に特化した塗料です。通常選ばれている外壁塗料にももちろん防水効果はありますが、あくまでも「完全防水」を目指した塗料であることをご承知おきください。

3-1 ウレタンによる防水

塗膜で防水する工法としてはこれが現在主流です。液体ウレタンを複数回塗ることで防水層を作ります。柔らかい性質を持つウレタンは、どんな形状の屋根や壁の継ぎ目でも密着して防水膜を作ります。

施工する会社が多いこと、施工日数が短く済む、費用が安いなどのメリットがあります。一方で耐久性はやや低めというデメリットも。

3-2 FRPによる防水

ガラス繊維強化プラスティック(FRP)を塗って防水層を作ります。5層に重なった塗膜が高い防水性を発揮します。

軽量・耐久度の高さ、施工が早く済むなどのメリットがある一方、施工時に臭いがある、地震などの揺れに弱いなどのデメリットもあります。

まとめ

いかがでししょうか。雨漏り対策に特化した外壁塗料を2件紹介しました。

通常使用される外壁塗料でも防水性は大切な要素ですが、修理に関してはできるだけ専門家の意見を聞いて、適切な対策を取られることをおすすめします。

cvb