白い外壁はやっぱり汚れやすいの?実際に汚れにくくするコツと色選びのポイント

外壁塗装・リフォーム

塗料 おすすめ

 白い外壁

白い色の外壁は、清潔でナチュラルなイメージがあり以前から人気のあるカラーです。

屋根の色や、家の他の部分とバランスが取りやすい色でもあるので、白い外壁の家を建てたい、あるいは塗り替えの際は白い色を選びたい、という方も少なくないでしょう。

ただ、白い外壁にはちょっとした問題があります。
それはどうしても汚れが目立ちやすいこと。濃い色と比較すると、汚れの着きが気になります。

そこで白い外壁でもできるだけ汚れにくくするような方法や、塗料の選び方について考えてみたいと思います。

汚れにくくするためのコツ、注意点とは

外壁塗料の塗膜には、汚染された外気や風雨、湿気などから建物を守る機能があります。ですからある意味塗料に汚れがつくのは当たり前のことと言えます。

しかし施主側からすれば、家を建てる、あるいはリフォームをするには多額の費用とそれなりの時間がかかるわけですから、一度塗ればできるだけお金や時間が節約できるような、そんな塗料を選びたいわけですよね。

「長持ちする塗料」は、「耐久度」「汚れにくさ」の2方向から見ることができます。
このうち、汚れにくさをメインにしてみた場合、次にあげる塗料は避けたほうが良いといえます。

⚪︎ツヤなしの塗料
ツヤのある塗料と比較すると、ツヤのない塗料はゴミや汚れがつきやすい。

⚪︎弾性塗料
塗膜の粘度が高くて柔らかいため、ゴミがつきやすく取れにくい。

⚪︎合成樹脂塗料
静電気が起きやすいので、埃や汚れを吸着しやすい。

したがって白い塗料にする場合、これら以外の種類の塗料を選ぶほうが良いと言えます。

cvb

汚れにくい塗料の選び方

それでは具体的に汚れにくい塗料をいくつかのポイントに分けて紹介していきましょう。

2-1 水性塗料よりも弱溶剤・溶剤塗料を選ぶこと

塗料には水性と油性があります。油性のものには、更に溶剤と弱溶剤の2種類があります。
水性塗料は、臭いが少なく、人体への影響が少ない、などのメリットがあり、最近は機能性も高くなってきています。

それでも現段階では、汚れにくいという観点から見た場合、弱溶剤、溶剤塗料の方が優れています。油性塗料のメリットは水性よりも長持ちし、艶が維持しやすく、汚れもつきにくいということ。

一方でデメリットは、水性塗料に比べて臭いが強いこと、価格がやや高いことです。

2-2 1液型よりも2液型を選ぶこと

水性と油性に分けられる塗料は、更に1液型、2液型で分けることができます。

1液型とは、製品をそのまま使うタイプのもので、2液型は施工時、主剤と硬化材を混ぜてから使うものです。このうち2液型の方がより強力な塗膜を作ることができるので、汚れにくいといえるでしょう。

2-3 シリコン塗料以上のクオリティの塗料(おすすめはフッ素)を選ぶこと

現在最も多くの施主様に選ばれているのがシリコン塗料です。コストと機能のバランスが最も良いと言われるシリコン塗料は、アクリル塗料、ウレタン塗料と比較すると汚れにくさでもはっきり差が出ます。

シリコン塗料よりも更にグレードが上のフッ素塗料ならば、より一層汚れはつきにくくなります。ただし、フッ素塗料はかなり費用が高めになるので、注意が必要です。

もちろんどんな塗料も経年により必ず汚れはつきますが、すぐに塗り替えが必要になる危険性はぐっと低くなると言えます。

イメージにあった外壁の色選びのコツ

汚れにくい、汚れが目立ちにくい外壁をお考えならば、真っ白よりも少し黄色がかったベージュや、ブラウン、薄いグレーなどがオススメです。

⚪︎ベージュ

ベージュ

⚪︎ブラウン

ブラウン

⚪︎薄いグレー

グレー

そして事前の色選びで大切なのは、色見本で見た色よりも仕上がりは白っぽく見える傾向が強いので、色見本ではイメージよりもやや濃いめの色を選んだ方が、実際に出来上がった時満足いく仕上がりになることが多いと思われます。

また、外壁と玄関ドアやサッシの色あいがマッチしているかどうかの確認も大切です。

まとめ

いかがでしょうか。白い壁も塗料の選び方で、できるだけ汚れにくくすることが可能なのですね。

そして美しい外観を長く保つためにも、汚れを見つけたらご自分でできるだけ外壁のケアをするなどの努力も必要です。

cvb